2013年08月15日

これが私には1番

この間、タワーデフェンスという種類のゲームを、作っていました。
迫ってくる、敵を倒すために、ユニットを配置するという戦略ゲームです。
僕が作っていたのは、敵の侵入経路は固定のものです。以下画像。
スクリーンショット 2013-08-15 20.04.45.png

その際に、ステージを作るのがめんどくさかったです。
最終的に15ステージ作ったのですが、ステージごとに設定ファイルみたいな物を作るようにしていて、ステージの構造とかを書くのですが、コードで書くとすごく大変でした。
かといって設定ファイルが独自だし、汎用マップエディタも使えないし。

そこで、cloocaを使ってみました。

スクリーンショット 2013-08-15 20.00.13.png

cloocaのシンプルなクラス図を改造して、ステージ情報を生成するようにしました。クラスの位置情報から、ステージの構造を生成しています。

すると以下のようなステージが生成されます。

スクリーンショット 2013-08-15 19.50.03.png

クラスの位置の微妙なずれは、ソースコード生成時に補正しています。
これで15ステージ作りました。

半分冗談ではありますが、コードで書くよりもだいぶ時間を短縮できました。
きっと他にもっといい方法があるのでしょう、でもいいのです、これが私には1番なのです。

追加

この例になっているアプリを公開しました。

Fruit Defense
posted by Syuhei Hiya at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月11日

slideshare使ってみました。

SlideShare使ってみました。cloocaについて、英語バージョン。

スライドに書ききれていないことを以下に捕捉しておきます。

ソフトウェア開発環境、プログラミング言語は多様化しています。人々のやりたいことが、高度になるに連れて、それぞれの分野に特化した環境が必要になっていくのです。それを支える仕組みがcloocaだと思っています。
開発環境、プログラミング言語を新たに作るというのは大変なことです。そこで、そのためのプラットフォームが必要になります。いままでもプログラミング言語作成のためのフレームワークはありました、しかしそれらのほとんどは言語構築を部分的に支援する物で、なによりWebベースでありませんでした。
cloocaはメタモデリングによる言語の構築、ソースコード生成規則の定義、さらに開発した言語環境の共有までサポートします。



URLはこちら
posted by Syuhei Hiya at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | (新)cloocaについて

2013年07月17日

JavascriptでRTSを作る。最初の一歩

JavascriptでRTSを作ります。
RTSとは、リアルタイムストラテジー(Real-time Strategy)の略で、ようは戦略ゲームです。

このカテゴリでは、Javascript+WebSocketでオンラインRTSを作る様子を記録します。

取りあえず最初の一歩の動画です。



まずは以下のようなJSONからユニット定義や、ユニットの状態を設定できるような仕組みを作っています。
ある程度で来たら公開します。


var civil = new rts.MetaUnit({
id : "civil",
type : "human",
graphic : {
image : "civil"
},
abillity : {
hp : 100,

});

setting({
players : [{
name : "player1",
type : "operator",
units : [{
meta : civil,
x : 1,
y : 1
},{
meta : civil,
x : 2,
y : 1
},{
meta : civil_center,
x : 4,
y : 5
}]
},{
name : "nature",
type : "nature",
units : [{
meta : fruit,
x : 4,
y : 2
},{
meta : fruit,
x : 5,
y : 2
},〜省略〜{
meta : wood,
x : 9,
y : 4
}]
}]
});
タグ:JavaScript RTS
posted by Syuhei Hiya at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム
Powered by さくらのブログ