2013年11月11日

行ってきました。MODELS2013

今更ですけど、9/31-10/5でアメリカのマイアミで開かれたMODELS2013に行ってきました。

私は、Demonstrationトラックでの発表で、cloocaについて紹介してきました。日本人の学生が発表しに来たということで、たぶんみなさん簡単な質問してくれたのでしょう。
どんな技術を使っているの?とかどうやって使うの?とかそんなことを聞かれました。


これはその学会でのプロモーション動画です。
もうちょっとツールを使っているところを、加えれば良かった・・これじゃどういう物なのかが全然わからない。

以下は、マイアミの海の写真です。
995508_621313511253184_1411127395_n.jpg

1385380_621312601253275_1713523916_n.jpg

海はとてもきれいでした。
posted by Syuhei Hiya at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年11月07日

タワーデフェンス


Corona SDKで、タワーデフェンスゲームを作りましたよ。
フルーツを配置して、迫ってくる虫たちをやっつけちゃってください。
全部で10ステージあります。



iPhone,iPadの方はこちら

Androidの方はこちら

posted by Syuhei Hiya at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月27日

Node.jsのためのDSL

Rubyのscaffoldみたいなものを、node.js用に作っています。と言ってもまだscaffoldを使いこなしていないので、どの程度までできるものなのかわかっていないのですが。

僕が作った「nodoca」はクラス図みたいなものからnodejs+mongodbアプリケーションを生成する物です。
クラス図みたいな物と言っているのは、こちらのツールはまだ開発途中で、クラス図にあるような「関連」すらないからです。
クラス図(みたいなの)からソースコードを生成します、毎回生成する必要のない共通の部分もあるので、それらはgithubにあげております。こちらを見ると、どんなソースコードが生成できるのか、見ることが出来ると思います。

nodocaはclooca上で提供しています。こちら
cloocaとは、図からソースコードを生成できる「ツール」を簡単に作ることができ、さらに共有することが出来る、プログラマのためのツールプラットフォームです。

scaffoldとの違いは、モデルをグラフィティカルに描けることです。ただまだクラス間の関連がないので、あんまりグラフィティカルである嬉しみがないのですが。。

実際にどのような図かといいますと、下のようなものです。
スクリーンショット 2013-08-27 15.36.54.png

この図から、下のような、ソースコードを生成できます。

スクリーンショット 2013-08-27 15.37.43.png


動かす手順

@githubから共通部分のソースコードをダウンロードします。
Acloocaのnodocaツールでプロジェクトを作り、クラス図を書きます。
Bsrcget.shのCLOOCAUSERPASSとCLOOCAPROJECTIDを設定します。
C$sh srcgen.sh を実行すると、クラス図から生成されたソースコードが、githubからダウンロードしたnodejsプロジェクトに上書きされます。
D$node app.js でアプリを実行します。

nodeやmongodb等はあらかじめインストールしていてください。

スクリーンショット 2013-08-28 8.41.24.png
スクリーンショット 2013-08-28 8.41.46.png
posted by Syuhei Hiya at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
Powered by さくらのブログ