2013年08月27日

Node.jsのためのDSL

Rubyのscaffoldみたいなものを、node.js用に作っています。と言ってもまだscaffoldを使いこなしていないので、どの程度までできるものなのかわかっていないのですが。

僕が作った「nodoca」はクラス図みたいなものからnodejs+mongodbアプリケーションを生成する物です。
クラス図みたいな物と言っているのは、こちらのツールはまだ開発途中で、クラス図にあるような「関連」すらないからです。
クラス図(みたいなの)からソースコードを生成します、毎回生成する必要のない共通の部分もあるので、それらはgithubにあげております。こちらを見ると、どんなソースコードが生成できるのか、見ることが出来ると思います。

nodocaはclooca上で提供しています。こちら
cloocaとは、図からソースコードを生成できる「ツール」を簡単に作ることができ、さらに共有することが出来る、プログラマのためのツールプラットフォームです。

scaffoldとの違いは、モデルをグラフィティカルに描けることです。ただまだクラス間の関連がないので、あんまりグラフィティカルである嬉しみがないのですが。。

実際にどのような図かといいますと、下のようなものです。
スクリーンショット 2013-08-27 15.36.54.png

この図から、下のような、ソースコードを生成できます。

スクリーンショット 2013-08-27 15.37.43.png


動かす手順

@githubから共通部分のソースコードをダウンロードします。
Acloocaのnodocaツールでプロジェクトを作り、クラス図を書きます。
Bsrcget.shのCLOOCAUSERPASSとCLOOCAPROJECTIDを設定します。
C$sh srcgen.sh を実行すると、クラス図から生成されたソースコードが、githubからダウンロードしたnodejsプロジェクトに上書きされます。
D$node app.js でアプリを実行します。

nodeやmongodb等はあらかじめインストールしていてください。

スクリーンショット 2013-08-28 8.41.24.png
スクリーンショット 2013-08-28 8.41.46.png
posted by Syuhei Hiya at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/73448936
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ