2013年08月16日

プログラミングの未来

プログラミング言語は抽象化していく。アセンブリ言語で、物を作るのがなぜ大変か、それはアイデアを実現するのに選択肢がありすぎ、道のりが長いからだ。高級言語でその選択肢は大幅に減る、だから作るのもはやくなる。プログラミングという抽象化作業が減るからだ。高級言語で汎用性を保った抽象化の道は限界になり、言語は多様化と特化の道を辿る。特化された言語はアイデアをそのまま表現できる。つまり直感的だ。
一つのソフトウェアを作るのに、複数の言語を使うかもしれない。ややこしく感じるかもしれないが、直感的だから大丈夫。
そうなれば、それらの連携の仕組みも必要だ。新しい言語と呼べるかもわからない、それらのための周辺ツールが必要だ。

cloocaはそれを目指す。
必ず未来のソフトウェア開発の基盤になる。
posted by Syuhei Hiya at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72489697
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ