2013年07月17日

JavascriptでRTSを作る。最初の一歩

JavascriptでRTSを作ります。
RTSとは、リアルタイムストラテジー(Real-time Strategy)の略で、ようは戦略ゲームです。

このカテゴリでは、Javascript+WebSocketでオンラインRTSを作る様子を記録します。

取りあえず最初の一歩の動画です。



まずは以下のようなJSONからユニット定義や、ユニットの状態を設定できるような仕組みを作っています。
ある程度で来たら公開します。


var civil = new rts.MetaUnit({
id : "civil",
type : "human",
graphic : {
image : "civil"
},
abillity : {
hp : 100,

});

setting({
players : [{
name : "player1",
type : "operator",
units : [{
meta : civil,
x : 1,
y : 1
},{
meta : civil,
x : 2,
y : 1
},{
meta : civil_center,
x : 4,
y : 5
}]
},{
name : "nature",
type : "nature",
units : [{
meta : fruit,
x : 4,
y : 2
},{
meta : fruit,
x : 5,
y : 2
},〜省略〜{
meta : wood,
x : 9,
y : 4
}]
}]
});
タグ:JavaScript RTS
posted by Syuhei Hiya at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71003268
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ