2015年08月17日

Milkcocoaのトップページリニューアルの機会に、SDKについて

Milkcocoaのトップページをリニューアルしました。


弊社のオフィスとして借りているマンションの玄関の明るさを、リアルタイムにグラフにしています。

Milkcocoaは今年5月にIoT向けということでリニューアルしました。現在のMilkcocoaがどのような特徴を持っているかについては以下のスライドも御覧ください。



さて今回はMilkcocoaに関する疑問の一つにお答えしようと思います。

MilkcocoaにはJavaScriptのSDKしかないのか?


お答えいたしますと、MilkcocoaのSDKとしては、現在以下の3つがあります。

  • ブラウザ用のJavaScript
  • NodeJS SDK
  • Java SDK

こちらの使い方はドキュメントに記載されております。

基本的にMilkcocoaの機能は、MQTT上でやりとりしています。よってこれとは別に、既存のMQTTクライアントを使ってMilkcocoaにつなぐことができます。C言語用のサンプルがGithubにございます。


PahoのMQTTクライアントのC言語、Go、JavaではMilkcocoaに接続できることを確認しています。


こちらの内容はエンジニアブログでも紹介する予定です。

では、いつもMilkcocoaをご利用下さりありがとうございます。
posted by Syuhei Hiya at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | milkcocoa
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/161701109
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ